Skip to main content

風情

寄せ書きを見たのは三年も経ったあとでさ
君が書いた「言の葉」が僕の胸をえぐってね

君はたぶん僕のことよりも僕自身のことを
よく見てよく気づいて感じてたんだね

君が愛した青い空がとても愛しくってさ
君が見つめてた青い海がとても愛し過ぎてね

僕は何もかもを捨て去って走っていたんだ
君の後ろを追いかけるんだって言って聞かなかったんだ
長い間、内の中の管理で ほったらかしになっていたあの鍵が
いつかきっとどっかで閉ざされた君の心の扉を開けたんだ

「いままでのことはなんにもなかったことにしようね」って・・・
過去の話何もいってなかったはずだって・・・

素直すぎる君のことを 思わず抱き寄せていたんだ
幸せを見たんだ 山の向こうでさ

君がつぶやいた「言の葉」が僕の胸につきささってね
車がついたころ花火大会は全部終わっていたんだ

人っこいない砂浜で二人座って真っ黒な空を見た
今までに「フッ」と「ピッ」と感じて、
言葉にもできなったあの闇に

星が消えても、夜明けは来ると君は笑顔でいったんだ
長い間、内の中の管理で ほったらかしになっていたあの鍵が
いつかきっとどっかで閉ざされた僕らの心の扉を開けたんだ
やさしい君を抱きしめて眠ることが 僕の日課になる日がきたなら
 湖畔に浮かぶ、君との風情

寄せ書きを見たのは三年も経ったあとでさ
君が書いた「言の葉」が僕の胸をえぐってね・・・


『風情』歌詞2022.jpg