Skip to main content

一音

不器用な音だけど 君の音なんだ 
どこにも似てない 誰のまねでもない
つたない音だけど 君の音なんだ
 
ココロのどこかで 響いていたんだ
はじめての音だけど 君の音なんだ 
今までだれも 鳴らしたことがない!

困難だけど あふれる想いに正直になるんだって
ちいちゃなハートで君が感じた本当の想いに

世の中は多くの情報であふれすぎて

経験せずとも知識でわかった気分の 大人になってゆくの!?
・・・それでいいの!?それでいいの!? 
自分の指での一音

君の音を 君の表現を 君眠っていた想いを 君も気づいてなかった
本当の君を 表現してみてよ   

困難だけど あふれる想いに正直になるんだって
ちっちゃなハートで君が感じた本当の想いに

それでもさ 心が折れそうなったそんな夜は
はじめにかえって思い出すんだ はじめて弾いた時の一音・・・

自分の目で見て 自分の耳で聞いて 
自分のココロで感じて 一音弾くんだ

時々笑って 時々落ち込んで 
自分のハートで感じて もう一音弾くんだ

そう一音弾くんだ 自分の指で 自分のハートで! 


『一音』歌詞2023.jpg